日本と海外の証券口座を比較

CMなどでもお馴染となっているFXですが、このFXは日本国内から海外の証券口座まで数多くあります。では日本国内と海外の証券口座はどのような違いがあるのでしょうか比較してみていきましょう。

まず口座開設をするには日本国内の証券口座の方が手続きなどが簡単に行うことができます。



海外の業者では日本語のサポートがしっかりしていなかったり、証券会社によっては日本語のサポート自体がない場合も多く、開設するには難しいと感じるでしょう。

次に証券口座を開設したら当然に入金や出金をしなくてはなりませんが、これも国内業者のほとんどは手数料がかかることなく入出金ができ、また即日行ってくれる業者も多くあります。

これに対して海外業者は入金をするにも手間がかかったり、出金に関しては手数料が無料という業者はありません。

知って大満足の証券口座のランキングについての情報をまとめたサイトです。

また手続をしてから反映されるまでにも数日かかりますので、国内業者と比較するとデメリットが多くなります。
では海外にメリットがないのかといいますと、そうではありません。



まず海外業者の多くはNDD方式と呼ばれるシステムを採用していることが多くなります。

このNDD方式とはインターバンク直結でレートを配信してくれますので、業者に有利でお客さんに不利なレートに操作される心配がありません。


またレバレッジに関しても国内業者と比較すると海外業者の方が大きなレバレッジをかけることができますので、少額でも大きな利益を上げやすく、一気に資金を増やすことができます。